話し方教室東京 コラム-言葉で伝え合う言語コミュニケーションスキルを高めよ!

言語コミュニケーションは、日常生活やビジネスのすべての対人関係に不可欠

「マーケティング91」では、言語コミュニケーションの意味や重要性を解説している。

言語コミュニケーション(バーバル・コミュニケーション)とは、二者以上の相手に対する言葉・言語を用いたコミュニケーションと定義される。対面および非対面の相手に対して、「話す」「聞く」「書く」「読む」を通じて自分の考えや意見、アイデア、感情を言語化して伝達する。

例えば、ビジネスシーンでは、言語コミュニケーションを通じて、人間関係の円滑化、効率性・生産性の向上、ミス削減をもたらす。また、コミュニケーションの活性化によって職場環境の改善や従業員満足度の向上につながる。

このように、家族関係、友人関係、恋愛関係、学校や職場などの集団関係をはじめ、日常生活からビジネスに至る対人関係において、言葉・言語での伝え合いは欠かせない。言語化して伝えることでお互いに分かち合え、良好な人間関係を構築できる。

語彙力を高め言語コミュニケーションスキルを鍛える

言語コミュニケーションでは、知っている言葉の数、使いこなす能力が大きく影響する。そこで、スキル向上には「読む」「聞く」のが重要となる。「読書」「傾聴」にて語彙力を高めることで、言語コミュニケーションスキルは鍛えられる。

言語コミュニケーションスキルを磨くと、より理解、共感・賛同が得やすくなる。その結果、他者への説得力や影響力は増し、自信はつく。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会