あがり症克服の話し方教室(東京)-緊張に打ち勝ち、ウェディング・スピーチを成功させる!

スピーチの練習を重ねて完璧にしておく、簡単なメモを用意する

親しい家族や友人の前でも、いざウェディングスピーチをするときには気が遠くなるほど緊張してしまうものだ。ではどうしたらその緊張に打ち勝って、より良いウェディングスピーチができるようになるのか、その方法をウェディング・ヴェニューが記事で紹介している。

緊張をしないようにするには、練習に練習を重ねて完璧にしておく必要がある。また、スピーチを書き写した紙を持っておくとそれを全て読んでしまい不自然な話し方になるが、ポイントだけを書いたメモを用意しておくとより自然に話すことが可能だ。

呼吸を整え姿勢をリラックスさせる、そして大きな声で話す

深呼吸をして呼吸を整え、姿勢をリラックスさせることで気分が良くなり自信もでてくるほか、ゆっくりと落ち着いて話すことができる。自信がなくても大きな声で話せるように、友人の前であらかじめ練習しておくことで、自信を持って話しているかように聞かせることが可能になる。

また、緊張していると顔を下げてしまうことが多い。そのためしっかりと笑顔で前を向いて話すと良い。最も近いテーブルをみるようにすることで、人の数に圧倒されることもなくなるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/
初心者スピーチコース(あがり症専門・話し方教室)
重度あがり症・声の震え・吃音・どもり・赤面 矯正専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会