話し方教室東京 コラム-上司は部下とのビジネスコミュニケーションを改善せよ!

ビジネスコミュニケーションについて世代間の意識にギャップあり

モバイルテクノロジーの急増が、今日のビジネスコミュニケーションを複雑にしている。アントレプレナーでは、職場での世代ギャップを埋めるコミュニケーションのポイントをアドバイスしている。

ソフトウェアサービスのセリスナウの調査によると、Z世代の従業員83%は上司との直接面談を望んでいるが、マネージャーの82%は彼らがメッセージを介したコミュニケーションを好むと考えている。

またZ世代の57%は週に数回フィードバックを求めているのに対し、実際に定期的に行っているマネージャーは50%という結果であった。世代間の意識の違いや誤解が生じている。

上司は部下に合わせた対応を、そのためのコミュニケーションルール作りを

マネージャーは、団塊の世代、X世代、ミレニアル、Z世代のそれぞれの違いや好みを理解し、対応方法を切り替える、または話し合う必要がある。

そのために、コミュニケーションのルールとなる公式ガイドラインなどを作成することも有効だ。

そうしてチーム、または職場での連絡や話し合う手段を改善し、明確にしていくことで職場でのコミュニケーションが活性化し、モチベーションやエンゲージメントにつながる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会