話し方講座コラム-職場のコミュニケーションを改善するには?

リーダーが模範となりコミュニケーションを改善

職場でのコミュニケーションがうまくいっていないと考えるならば、職場環境や従業員の状態を理解するなど、その原因を浮き彫りにする必要がある。ではその後、どのように改善させていくのか、デイビット・グロースマン氏がリーダー・コミュニケーター・ブログの記事で紹介している。

まず、周りを評価する前に、あなた自身が模範となる行動を示すべきだ。何かを効率的に変化させるためには、データなど明確なものを示し、あなたが手本をみせて改善すると良い。

また、部門や職務などをコミュニケーションに係るデータを掘り下げて調査し、従業員レベルでより効率的にコミュニケーションができている方法を採用し、その他は排除するべきだ。

効率的なコミュニケーションを実現するには

効率的なコミュニケーションを実現させたいのであれば、問題解決に向けた進捗と改善点のベースラインを設定しておくと良い。そうすることで、その後にまた問題が起きても過去の事例などと比較でき、何がうまくいき、何がうまくいかないのか判断することが可能となる。

また、あなたが従業員に伝えたことがしっかりと理解されているのか、そしてその伝え方・アプローチの方法が効果的かどうかを考えると、よりコミュニケーションの改善につなげていけるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/職場コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会