話し方教室東京 教養講座-ビジネスコミュニケーションを改善して、ビジネスを成功に導け!

相手の個性を把握して、言語・非言語のコミュニケーションを行う

ビジネスにおいてコミュニケーションが不十分であると、顧客満足度や従業員のモチベーションを損なうことにつながる。情報共有や、生産性の向上、職場の課題解決などに必要なビジネスコミュニケーションのあり方を改善するには、どのようにしたら良いのか、その方法を「キーツーサクセス」が記事で紹介している。

言語的および非言語的コミュニケーションを上手く行うことの重要性を理解し、それらを意識して話すことが大切だ。非言語的なコミュニケーションに関しては、話の内容に合わせてボディーランゲージを一致させたり、アイコンタクトをしたりすると良いだろう。

また、長い会話を好む人や月曜日の早朝の会議が嫌いな人など、それぞれの個性や性格を把握して話すことで、よりスムーズにコミュニケーションが取れるようになる。従業員だけでなく、顧客に対しても「どのように・いつ・どんな」メッセージを気にかけているのかを理解するのにも役立つ。

チームメンバーと毎日コミュニケーション、質の高いメッセージを共有する

ビジネス展開が早い昨今は、コミュニケーションの重要度を低くしている職場が多い。しかし、チームメンバーのイニシアチブ、課題、成功などについて、毎日話すことで、より短い時間で効率的にコミュニケーションを取る能力が養われる。

また、共有するメッセージの内容が正確かつ有益であることを確認し、メッセージをより効果的に発信することが必要だ。質の高いメッセージで、相手をより引き付け、エンゲージメントを高め、社内外のビジネス関係者との信頼関係を築くことができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会