話し方教室東京 教養講座-オフィスワークやリモートワークに共通の話し方・聞き方のスキル!

時間がなくても相手の話をよく聞く、それこそが効果的コミュニケーション

新型コロナウイルスのパンデミックにより、それ以前よりも人と合ってコミュニケーションをとる機会が減ってしまっている。そういった意味でもコミュニケーションの重要度がこれまで以上に増している。

これらを受け、オフィスワークやリモートワークに共通して、コミュニケーションのあり方を改善する方法を、マイ・タンブリッジウェルズが紹介している。

時間がない場合は相手の話を優先して聞くことが難しい。しかし、しっかりと「聞く」ことで、より詳細にわたって内容を理解することができ、結果として効果的なコミュニケーションがとれるようになる。

また、性差別的な言葉というものは少なからず存在しており、未だに使われている現状がある。そういった言葉を「使わない」・「排除」する方法は、その言葉というものを認識しておくことだ。そうすることでより健康的なコミュニケーションができ、相手との関係をより深くできるなど、成功につなげることができるだろう。

ノンバーバルコミュニケーションの重要性を理解しフィードバックを求める

コミュニケーションは口頭によるものだと認識している人が多いが、実際全体の93%が非言語的であることが分かっている。そのため、顔の表情や姿勢など、ノンバーバルコミュニケーションのポイントを学んでおくことが大切だ。

また、正直なフィードバックを求めて、あなたのコミュニケーションのあり方について気づいたことや、改善できることを確認すると良い。誰かがあなたにフィードバックをしてくれているときは、積極的に耳を傾けて、落ち着いて対応することで、コミュニケーションスキルの向上につなげられるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会