話し方教室東京 教養講座-採用面接で短所を聞かれた時には、伝え方が重要になる!

採用面接で重要なのは「正直」「誠実さ」である

「ザ エイチアール ダイジェスト」では、採用面接において短所・弱みを質問された場合、ポジティブな表現に変えて伝える必要があると助言している。

採用面接で最も重要なのは「正直」「誠実さ」である。そのため、短所・弱みに関する質問に対して遠回しに誤魔化した回答は、逆に印象を悪くする。つまり、欠点を聞かれた場合は包み隠さず、かつポジティブな表現で伝える必要があるという。

短所・弱みに関する質問は、採用面接でよく聞かれる

人間誰しも欠点を持っている。同時に、欠点は人に言いたくないものである。欠点によって、他者からマイナスイメージを持たれることもある。それゆえ、周囲に対して、短所・弱み、欠点、コンプレックスなどネガティブな部分を包み隠さず公表する人は少ないだろう。

しかしながら、「あなたの最大の弱点は?」など短所・弱みに関する内容は、採用面接でよく聞かれる質問の一つとして挙げられる。

ネガティブな内容でも、伝え方次第でポジティブに変わる

採用面接において、全ての質問は意味をもつ。欠点に関する質問も例外ではない。企業側が短所・弱みに関する質問をする際、改善・対処するプロセスに焦点を置いているという。決して、評価を下げる目的で質問をしているわけではない。

そこで、自分の短所・弱みを包み隠さず伝える必要がある。ただし、その伝え方がポイントになる。欠点はネガティブな部分であるため、包み隠さず、ただ伝えると、どうしてもネガティブな表現になりやすい。

したがって、採用面接で短所・弱みについて質問された場合、改善や対処にまるわるエピソードを具体的かつポジティブな表現を意識して伝えると良い。ネガティブな内容も表現次第では、ポジティブな内容に変わる。

■ 記事関連・話し方講座/面接試験 対策専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会