話し方教室 教養講座-職場でのコミュニケーションのあり方を改善せよ!

明確かつ簡潔にコミュニケーションを取る、フィードバックに感謝する

職場でコミュニケーションが効率的に取れると、タスクを確実に完了させられるほか、従業員間における問題の解決などにもつなげられる。職場でのコミュニケーションのあり方を改善する方法にはどういったものがあるのか、いくつかのポイントを「ブートストラップ ビジネス」が記事で紹介している。

職場において同僚や顧客などとコミュニケーションを取る際には、その内容が明確かつ簡潔でなければならない。冗談などを交えて話すこともときには求められるが、それを誰もが受け入れてくれると思わないことが大切だ。話し方や口調などにも注意しなければ、コミュニケーションの妨げになる可能性もでてくる。

また、フィードバックをオープンに受け取る姿勢が大切だ。誰かがあなたの作業方法などの改善にフィードバックを行ってくれた際には、相手に感謝し、今後も受け取りたいという旨を伝えると良いだろう。

相手に合わせてコミュニケーションの取り方を工夫する

職場でコミュニケーションをより効率的に取るためには、スタッフの長所と短所を把握し、それぞれに適したコミュニケーション方法を取り入れることが大切だ。

例えば内向的なスタッフなら、全員の前で話す会議ではなく、1対1で情報共有が行える機会を設けると良い。そして一方的に話すのではなく、しっかりと彼らの話に耳を傾けた上で話すことも大切だ。

また、職場が散らかっていたり、スマートフォンやパソコンなどの通知音がなっていたりと、コミュニケーションの妨げになるものが周りにあると、集中力が低下する原因となる。そのため、気を散らすものを周りから排除し、コミュニケーションに集中できる環境を作っておくことも忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓