話し方教室「プロジェクト・リーダーとして成功する秘訣」(話し方ニュース東京)

優れたリーダーは努力をしている

優れたリーダーは、自信を得る為に多大な時間や労力を注ぎ、陰ながら努力している。「アントレプレナー」では、プロジェクトを成功に導くリーダーのコミュニケーション術について紹介している。

プロジェ口成功にはリーダーの役割が重要

リーダーは、プロジェクトの成功を確実にする為に、プロジェクトメンバーに対して一貫した役割を果たす必要がある。リーダーとしての威厳を保ちつつ、相手と同じ立場に身を置き、チームの要望に応じる。

絶妙なバランスが取れた対応により、プロジェクトメンバーはリーダーへ信用・信頼を寄せ、プロジェクトに対して揺るぎない自信を持つようになる。プロジェクトへのストレスは減り、チームのモチベーションが高まるという。

リーダーはジェネレーション・ギャップをも活用する

職場における世代間の格差(ジェネレーション・ギャップ)は、難しい問題である。ジェネレーション・ギャップの対処次第で、企業イメージは大きく影響される。

リーダーにはジェネレーション・ギャップにおける個々の価値を否定せず、年齢に応じた対応が求められる。

特に、企業は、社員の若さを否定的に受け取る傾向にある。プロジェクトチームにとって若さは失敗などの懸念事項に成り得るが、リーダーはメンバーの若さを利点として活かせるように心掛ける。

プロジェクトの成功は会話の流れ、話の方向性で決まる

優れたリーダーは周囲の助言を受け入れ、同時に、助言を受けた状況を利用してプロジェクトメンバーを育成するという。

助言は物事に対する見解や視点を軸に展開され、個々の見解や視点は異なる。一方、プロジェクトの成功は、会話の流れ、話の方向性によって決定される。

望ましい結果を得る為に、リーダーは、個々の助言に基づき、最初に意図した内容から正しい方向性へと導く必要がある。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタップ委員会