話し方教室「効率的なビジネス・コミュニケーションとは?」(話し方ニュース東京)

情報伝達手段の多様化

技術の進歩により、社内外コミュニケーションにおける情報伝達手段は大幅に増えた。一方、適切な伝達手段を選択するのは簡単なことではない。

例えば、伝言ゲームのように情報伝達を行うと、情報は変形され、抜け落ち、存在すら失う可能性が高い。時間は掛かり、情報は堂々巡りして正しく伝わらず、非効率的なコミュニケーション戦略である。

「ビジネス・ツー・コミュニティー」は、社内外コミュニケーションにおける効率的な情報伝達について紹介している。

社内外コミュニケーションにおける伝達経路の一元化

社内と社外のコミュニケーション・チャネル(伝達経路)を分けることは、大きな問題である。

伝達経路を分けると情報は混乱し、纏まりがなくなる。その為、メール、電話やテレビ電話の履歴などから関連情報を徹底的に探す必要があり、対応にあたり時間と費用を要する。

一方、社内外の壁を取り払い、伝達経路を統一して、コミュニケーションを一元化すると、情報は自動的に纏まる。

コミュニケーションの一元管理で協調が高まる

縦軸の上下関係において、情報は、意思決定権がある上位から指示を受ける下位へトップダウンにて伝達される傾向にある。しかしながら、近年、ビジネスにおける相互の繋がりは横軸に強まった。

横軸の関係では、当事者間で同時に情報伝達することが求められ、トップダウンといった段階的な伝達経路は非効率となる。

伝達経路の一元化により、ビジネスコミュニケーションに要する時間は短縮され、全ての当事者に直接、情報が伝わる。また、社内外コミュニケーションを一元管理することで、当事者間にて協調が高まるといわれる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会