話し方教室「ミレニアル世代に対するリーダーのコミュニケーション術」(話し方ニュース東京)

ミレニアル世代のコミュニケーション・スキル

ミレニアル世代の若い人達は、フォーマルコミュニケーション(職場における会議や業務報告など公式的で計画的なコミュニケーション)に苦戦している傾向にあるといわれる。

ミレニアル世代とは、10代からソーシャルメディアなどデジタル環境下にて成長した最初の世代と定義され、ソーシャルメディアなどインフォーマルコミュニケーション(職場における雑談など非公式で偶発的コミュニケーション)に慣れている。

インクゥァィア・アカデミーは、「インクゥァィア・ドット・ネット」にて、ミレニアル世代へのリーダーのコミュニケーション術を紹介している。

相手に応じたコミュニケーション・スタイルを選択

リーダーはミレニアル世代には、自分が考える業務計画や遂行過程などを理解されるように努め、相手に訴え掛けるコミュニケーションが求められる。相手のアイデアを取り入れつつも、リーダー自身の見通し・展望を与えることが重要になるという。

また、文書による明白な指示から対面コミュニケーションによる助言に至るまで、相手に応じてコミュニケーションの種類や表現方法を切り替えることが必要になる。

リーダー自身の考えが理解される程、相手に強い影響や刺激を与えることができ、強固なチームとなる。

メッセージアプリ活用のコミュニケーション

メッセージアプリを通して、職場間におけるメッセージのやり取りは簡単になり、メッセージが共有できるうえに履歴が残る為、便益性は非常に高い。

メッセージアプリはインフォーマルコミュニケーションとして受け取られているが、一方、形式張った、改まった口調を保つことによりフォーマルコミュニケーションともなる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタップ委員会