コミュニケーションスキルの話し方教室:話し方を変えれば、得られる結果も変わる - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室:話し方を変えれば、得られる結果も変わる

 
人は本能的に、相手の話し方、言い方に反応する
Huffington Postのアメリカ版は3月2日、話し方を学ぶことの大切さ説くマリア・モンゴメリー(Maria Montgomery)さんの意見を掲載した。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像

たとえば医者が治療に失敗して訴えられることがあるが、医者も人間で間違いはある。人は普通、自分が嫌った相手しか訴えないと言う人もいる。


仕事をしていて、クライアントがすてきな言葉で褒めてくれると、次にもそういうコメントを聞きたくて仕事に力が入る。

もちろん嫌なことを言われたらまじめに仕事をしないというわけではないが、人間はそれぐらい本能的に相手の言い方に反応する。


日々の生活の中で違った結果を得たければ、話し方教室に行くなどして話し方を変えればいい

言いたいことを、好意的に聞いてもらう技術が、話し方の技術
私たちの多くはコミュニケーションスキルを学ぶ必要はないと思っている。まるで話し方を学ぶことは、自分の性格を偽ることだと思っているみたいだ。

これは性格の問題ではなくて、言いたいことを相手に好意的に聞いてもらうための技術だ。相手にわかるように話す必要があるし、うっかり相手の機嫌を損ねたら、聞いてもらえなくなってしまう。

同じように、誰でも話し方がうまいわけではなく、自分が聞いたと思ったことも、実は話者が意図したこととは違っていることもある。話し方が下手な人もいるし、学ぶ気がない人もいる。だから嫌なことを言われたら、事実だけを受け止めればいい。

■外部リンク

Huffington Post
http://www.huffingtonpost.com/


話し方の技術なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタップ委員会/コミュニケーションスキル

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。