話し方教室「生産性を高めるチームビルディングの方法」(話し方ニュース東京)

生産性の高いチーム構築法

チームビルディングにおいて、協調性の維持、多様性に対する理解、透明性の強化によりチームの結束力や生産性は高まるといわれる。

「アントレプレナー」では、円滑なコミュニケーションを図れ、結束力や生産性の高いチームを構築する方法を紹介している。

チームビルディングでは、結束力が重要になる。特に、近年、遠隔で仕事をするリモートワークへの切り替える企業は増加する傾向にあり、チームの結束力は大きな課題となっている。

例えば、リモートチームを構築する場合、結束力を高めるにはメッセージアプリによる連絡、ビデオ会議の活用が効果的である。

デジタルツールの活用により、チームメンバーが職場に集まることなく、在宅勤務など社外に点在している状況下においても業務の遂行が可能になる。

多様性を受け入れてチーム構築

多様性に富むチームは革新的であり、結束力が高いことが証明されている。ビジネスにおける成功は、タスク指向ではなく、革新・創造指向や人間関係指向が重要な要素となる。

その為、チーム構築において、個々の多様性を軽視してはいけない。多様性に対する理解が低いチームは集団意識や集団思考となり、非生産的であるという。

人種・文化など多様性に対する理解を深めて受け入れることにより、円滑なコミュニケーションが促進され、チームの結束力は高まる。合わせて、多方面から物事を捉えることができ、革新的で生産的なチームとなる。

チームの透明性を高めるコミュニケーションと情報伝達

タスク指向でコミュニケーションを欠く場合、チームの透明性は失われる。一方、革新・創造指向や人間関係指向でコミュニケーションが円滑な場合、チームの透明性は高まる。

透明性は、円滑なコミュニケーションと情報伝達により高められる。透明性の向上により、チームメンバーは個々の存在意義、会社への貢献度を強く感じ、メンバー相互間における信頼関係も築かれる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室ニュース・スタップ委員会