話し方教室「効率的なコーチングにおけるコミュニケーションのポイント」(話し方ニュース東京)

小さな目標の設定がコーチング成功のカギ

コーチングにおいて、小さな目標の設定は成功の鍵を握る。小さな目標ごとにコーチングプロセスを段階的に分類し、各項目に優先順位を付けたうえで目標達成に取り組むことが、最も効率的なコーチング手法である。

「アントレプレナー」では、効率的なコーチング手法について紹介している。

コーチはクライアントとコミュニケーションを通じて信頼関係を構築する

コーチングでは、コーチとコーチングの受け手の信頼関係が必要不可欠である。信頼関係によりコーチングは受け入れられ、望ましい効果や成果が期待できる。

しかしながら、役職や肩書きだけでは、信頼を得ることはできない。コーチングに際して、コーチはコーチングの受け手と時間を掛けてコミュニケーションを図り、相手について理解する必要がある。

効率的コーチングにはコーチの積極性が不可欠

優秀なコーチは、相手を目標達成にむけて鼓舞させ、コーチングを通して相手が持つ最大限の能力を引き出す。その為には、コーチとコーチングの受け手における信頼関係に加えて、コーチの積極性が必要不可欠である。

コーチの積極性により受容力が生まれ、受け手はコーチングプロセスに従って目標達成にむけて取り組む。

一貫したコーチング手法でクライアントに変革を促す

信頼関係とコーチの積極性により、コーチは真の信頼できる存在となる。信頼できる存在は、性格、言動におけるメッセージ性、目的や目標に一貫性がある。

コーチングの受け手に変化や改善を促すには、一貫したコーチング手法が効果的である。コーチには、コミュニケーションを通して相手が持つ課題・問題点の本質を見抜くことが求められる。洞察力、および洗練された手法により、コーチは相手に肯定的な影響を与えられる。

チームコーチングでも個々に応じたコーチングを実施する

チームなど集団をコーチングする場合であっても、個々に対して目標を設定し、個々に応じたコーチングをする。一人に一つの目標を設定することが重要となる。

その際、コーチは、コーチングの受け手の話を傾聴するように心掛ける。コーチングにおけるコミュニケーションでは、傾聴が主体である。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コーチ,コーチング/話し方教室ニュース・スタップ委員会