話し方教室「信頼関係を築く生産的コミュニケーションとは?」

生産的なコミュニケーションとは?

ホームタウン・フォーカス・ドットユーエスでは9月8日、生産的なコミュニケーション方法について専門家の意見を掲載している。相手を傷つけない言葉の選び方はどうすれば良いだろうか。

「質問」が相手を傷つけることもある

他人との信頼関係を構築する上で、コミュニケーションは基本的かつ普遍的な通信スタイルだ。手段には様々あるが、会話が続く、あるいは対等に議論が行われなければ効果的とは言えない。最も効果的なコミュニケーションスタイルは「主張をすること」だが、これは言い方によって攻撃的になる傾向がある。

米国の精神保健セラピスト・ラングリー氏によると、それは「質問」に多く、追求という形で人を傷つけてしまうようだ。例えば、「何回それを言わせるのですか?」「本当に私が言ったのですか?」など。

感情を挿入することでコミュニケーションは継続できる

しかしこれは自身の感情を挿入することで、相手の要求をさらに明確にするか、傷つく感情を拡散させることができると言う。つまり相手の気持ちに対し、自身の気持ちで答えることだ。例えば相手の主張に「何が問題なの?」と言うと相手は傷つく、または混乱する可能性がある。

「私には納得できない」、「それじゃ不満だ」と議論を続ける方向に持っていければコミュニケーションは継続する。より効果的、生産的なのは、こうしてストレスを管理し、質問する言葉を矯正していくことだとアドバイスしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタップ委員会