話し方教室「チームに必要なコミュニケーションスキルとは?」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションと共感

シリコンリパブリックでは11月1日、コミュニケーションを身につける方法として、「共感」を覚えることだとアドバイスを行っている。

チームに求められるコミュニケーションスキル

近年組織で求められるコミュニケーションスキル。チームの作業能率が上がらない場合は、チーム間のコミュニケーションやコラボレーションの不足が考えられる。だからといって、スタッフのコミュニケーション能力が欠如しているわけではない。

法人向けにコミュニケーションのコンサルティングを行っている専門家シャロン・スティード氏は、スキルを身につければ解決できるという。氏は「感情移入をする」コミュニケーションに焦点を当てている。

傾聴で意志と感情を理解し、共感を得る

話をするときは、すぐに結論を急ごうとするとチーム内の雰囲気が悪くなる可能性がある。チームとのコミュニケーションには忍耐が必要であり、共感を得るためには相手の意志と感情を理解することだと話す。それはヒアリングを身につけることでもある。

「インスピレーションを受けるときは、ほとんどが他の人の話に注意を払っているときに起こるからだ」としている。

コミュニケーションが崩れる要因は?

また、コミュニケーションが崩れる場合、多くの場合は不安に直面するからだという。「完全には理解していないのではないか」という不安がコミュニケーションを塞いでしまう。感情を隠してしまうことは、チームのためにはならないと話す。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室ニュース・スタップ委員会