日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室 NEWS:企業文化を強化するリーダーの話し方とは

 
リーダーは、優れたコミュニケーションスキルを
起業家向けのウェブマガジンEntrepreneurは10月31日、ビジネス界のリーダーの話し方において重要な点をまとめた記事を掲載した。

 
リーダーシップ/イメージ画像


 人間は素晴らしい存在だが不完全だ。言葉で意味を伝えるが、言葉はうまく伝わらない。職場では言葉の使い方が、仕事の成功ととんでもない誤解の違いを分ける。リーダーには優れたコミュニケーションスキルが不可欠だ。

リーダーは部下にコミュニケーションの手本を示す必要もある。以下、リーダーとしてスピーチの改良に取り入れられる注意点をいくつか挙げてみよう。

リーダーのスピーチは、社内でのふさわしい話し方の手本
リーダーのスピーチは社内でふさわしい話し方の手本を示す。

どの程度カジュアルにするか、ユーモアを含めるか、上下関係を強調するかなどはとても重要なポイントだ。従業員を「社員」と呼ぶか「ビジネスアソシエイト」と呼ぶかで、価値観も全く異なる。


私たちは知らずに印象の弱い言葉を使っていることがある。例えば「しかし」ではなく、肯定的に文をつなげて、前向きで士気を高めるような話し方をする方がいい。

明快な表現が重要なのは言うまでもない。例えば「短い会議」と言っても、聞く人によって違う長さを想像するだろう。話に誤解が生じないようにるすことも忘れてはならない。

重要なことや微妙な内容は、電子メールで伝えるべきではない。動作にも気を配らないと、思わぬメッセージを伝えていることがある。

リーダーが優れたスピーチを適切なボディランゲージで堂々と行う。それが部下に対して、顧客との応対の見本を示すことにもなる。

■外部リンク Entrepreneur
https://www.entrepreneur.com/article/300178


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会 

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。