日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室 NEWS:職場での話し方・伝え方の技術を上達させる方法

 
強さと温かさ、そのバランスが話し方の秘訣
アメリカのビジネス系ウェブマガジンInc.は11月8日、職場でのコミュニケーションスキルを磨くヒントを取り上げた記事を掲載した。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像:pexels

私たち人間は、強さと温かさをうまく併せ持った人に惹かれる。そこで自分の職場における話し方を振り返ってみよう。

効率的に仕事をこなすことに気を取られて、紋切り型の要請をしてはいないだろうか。または相手との関係性に囚われすぎて耳当たりの良い言葉を並べて、話の焦点が見えなくなってはいないだろうか。


自分の普段の話し方が両極端の間でどのあたりに位置するかを知り、必要ならば良いバランスを求めて修正してみよう。

情報過多の職場では結論を急ぎ、それが人間関係にも影響する
人間は多くの情報を処理するために、結論を急ぐように出来ている。情報が溢れた職場では、結論を急ぐ生来の傾向が職場の人間関係にも影響を与えてしまう。

同僚の仕事が遅れているのは性格的な問題があるからだと心が批判で熱くなるかもしれないが、実際は締め切りに関する連絡ミスがあるのかもしれない。相手と同じ土俵に立つことを忘れてはならない。

最後にボディランゲージと声の調子に簡単に触れよう。他人と比較して自分はどれぐらい空間を占有しているだろうか。大きくして自信を示すことが必要なときもあるし、相手に譲って相手の気分を良くすることが有効な場合もある。

声の調子は、自分が伝えたいことを正しく伝えているだろうか。慰めたい、励ましたい、警告したいなどの気持ちが心にあれば、自ずと声の調子に出るものだ。

■外部リンク Inc.  https://www.inc.com/


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会
 

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。