話し方教室「次世代リーダーはコミュニティで育成される!社会貢献活動に参加しよう」

リーダーに必要なものとは

ビジネス・ワイヤーは12月5日、リーダーシップへの意識について行ったリードツーフィードの調査を発表。大多数の意見は、現在の若年層を成功に導き次世代リーダーとなるためには、コミュニティでのスキルアップが必要だという。

リーダーの資質は、コミュニケーションスキルと思考?

学生のためのリーダーシップ開発を展開しているリードツーフィードの調査では、米国の成人男女3,345人が回答。

それによると、リーダーシップの要素に必要なものは、96%が頭の良さと同時にコミュニケーションスキルをあげている。

そして成功のためには、批判的思考も必要だと考えている人は97%、プロジェクトマネジメントの知識を持つ必要があると考えている人は95%。

また同時に思いやりを持つ必要があると考えている人は90%で、リーダーは地域社会に奉仕するべきだと考えているようだ。

学校外でのリーダーシップスキル習得が欠かせない

そして現在の学生が卒業後に次世代リーダーとなるために必要なものは、教室外でのリーダーシップスキルの習得だと考えている人は91%。

大多数が学校以外にも開発プログラムの必要性を感じているという結果になった。

リードツーフィードでは中高生が地元のコミュニティでリーダーシップスキルを実践する機会を提供している。ここでコラボレーションとコミュニケーションスキルを学び、リーダーに必要な資質を習得している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタップ委員会/リーダーシップ