日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コーチングの話し方教室|コーチャーのパーソナル・ブランドづくりの重要性

 
コーチングにおけるパーソナル・ブランドとは
コーチングにおいて、コーチャー(コーチする側)には、コーチング相手より個人レベルの信頼・信用獲得が求められる。信頼・信用関係は、効率的なコーチングの根底にある。

それゆえ、パーソナル・ブランディングは重視される。コーチング相手の信頼・信用を得て、良好な人間関係を構築するには、コーチャー自身が自分ブランドを構築・確立することが重要である。

「Forbes」では、Forbes Coaches Councilメンバー13人が、コーチング相手の信頼・信用を得られるパーソナル・ブランディング術を教授している。

 
コーチング/イメージ画像:pixabay

 
コーチはコミュニケーションにより感情的つながりを深める
コミュニケーションは、相互間における感情的な親密を深める手段であるといわれる。

感情的な親密や親和力は、個人的な話題により増す。個人的なつながりは、信用・信頼関係に必要不可欠な要素である。
したがって、コーチャーは、コーチング相手に対して人間的な面を見せるように意識する。

コーチング相手と初対面の際、家族構成、趣味など個人的な話題、失敗などマイナス要素のある体験・経験談を会話に織り交ぜることが好ましい。


コーチは傾聴によりクライアントを受け入れ、理解する
コーチングにおいて、傾聴は最も必要とされるスキルである。

アクティブ・リスニング(積極的傾聴)を通して、コーチング相手を否定せずに受け入れ、理解するように心掛ける。


コーチは会話に一貫性をもたせる
コーチングの目標・目的を目に見える形にて提示することにより、コーチング相手は信頼・信用を寄せやすくなる。

コーチャーは、ソーシャルメディア、Facebookなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の媒体を通して、潜在的なコーチング相手に対して、コーチング戦略を可視化することが可能である。


また、媒体にて提示されたコーチング戦略やコーチング内容より、初対面の時点にてコーチング相手と信頼・信用関係を構築できている場合も少なくない。

それゆえ、コーチャーは、過去のコーチングやコーチング戦略を含め、会話に一貫性をもたせることも重要である。


■関連リンク 
Forbes https://www.forbes.com/

まとめ/話し方教室の視点:コーチングのポイント
話し方教室:コーチング・コミュニケーションのポイント

コーチングにおいて成果を上げるためには、コーチはクライアントとの人間関係構築、信頼・信用獲得が必須、と記事は述べている。

そのポイントは3つある。

①コーチは感情的つながりを深めるために、クライアントと個人的な会話をすること。

②コーチは積極的傾聴により、クライアントを否定せず、受け入れ、理解すること。

③コーチはSNSも活用して、コーチング・プロセスを可視化すること。


■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会
 
 

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。