日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|広い海でコミュニケーションスキルを学ぶ・ヤングエンデバー号のミッション

クルーザーで社会的スキルを学ぶ
Western Advocateは1月29日、オーストラリアで若者を対象に行っているクルーザー体験活動を取材。10日間の航海で船に関すること以外にも、社会的スキルを学べるという。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像:photoAC
 
ヤングエンデバー号での航海訓練
これは、オーストラリア政府の協力のもと行われている非営利団体の活動で、16歳から23歳の若者を対象に「ヤングエンデバー号」という帆の高い船で10日間の航海訓練を行うというもの。

オーストラリア海軍から派遣された乗組員が指導。若者たちは、航海の指揮をとり、コースの図案化、決定、帆の立ち上げなどを自分たちで行い、航海中にも様々なミッションを行う。

参加した若者の一人は、ミッションの中で司令を任された日はストレスを感じたという。しかし結果的には遂行できたことに満足できたと話している。

友情、対話スキル、チームワーク、そして自信をつかむ
ここでは新しい人たちと出会い、航海という新しい体験を一から学ぶ。コミュニティー体験を通して友情を育み、対話スキルと自信を高めることを目的として行われている。そのほかにもリーダーシップ、チームワークの向上に役立っているという。

考えるよりも行動することが大切であり、自身が望むことは何でもチャレンジできるということを理解させるユニークな体験だとしている。

■関連リンク Western Advocate http://www.westernadvocate.com.au/ 

まとめ/話し方教室の視点:若者の社会的スキル開発のポイント

話し方教室:コミュニケーションスキル開発のポイント

オーストラリアでは、若者を対象に航海訓練を行う活動がある。「航海」というコミュニティー体験を通じて得られるものは、少なくないようだ。

たとえば、友情、対話スキル、リーダーシップ、チームワーク、そして自信。

いま若者のコミュニケーションスキルの低下が、世界的といっていいほどの問題になっている。海洋国家日本でも、ぜひ実施してほしいプログラムだ。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。