話し方教室「パートナーと良い関係を築くコミュニケーションとは?」(話し方ニュース東京)

開放的なコミュニケーションを実行すること

エヴァ・テイラー・グラント氏は、4月12日にお付き合いに有効なコミュニケーションの秘訣を紹介した。

さりげないカップルにとって、コミュニケーション不足は最大の間違いだ。相手の感情を傷つけたり、心の奥で秘かに抱いていることが成し遂げられないのが怖いので、お互いに正直でないことが多い。

開放的なコミュニケーションは、当惑、ぎこちなさ、心の傷やほろ苦い思いを避けるのに役立つ。そして、オープンなコミュニケーションを実行することは、思ったよりやさしいのだ。

開放的、正直、I(アイ)メッセージのコミュニケーションを

エヴァ・テイラー・グラント氏は、様々な専門家の言葉を引用し、以下のような秘訣を紹介している。開放的で正直であることによって、相手にも同様の態度を期待できる。なにを望んでなにを望まないのか、いつもはっきりわかりやすくすることだ。

相手を責めるのではなく、「私は失望した」、「私は傷ついた」といった私声明を使うのだ。「あなたはいつも~する」、「あなたは決して~ない」という表現は、相手のガードを固くするだけだ。

心に浮かんだことを打ち明ける習慣は、お付き合いを深める。相手を一人の人間として尊重し、弱みを見せることで、相手も同じように弱みを隠さず、悩みを打ち明けるようになる。

激しく意見が相違したとき、さえぎるか、反論を考えがちだ。そうではなく、黙って熱心に聴き、わかろうとすることで、相手に共感することができる。

話し方教室の視点「パートナーとの人間関係に有効なコミュニケーションの秘訣とは」

1.開放的、正直なコミュニケーションを実行すること。

2.「あなたはいつも~する」よりも、「私は失望した」、「私は傷ついた」という話し方を。前者はYOUメッセージ、後者をIメッセージという。

3.激しく意見が相違した時、反論するよりも黙って聴き、わかろうとすることで相手に共感が伝わる。

パートナーとのコミュニケーションではオープン、率直、誠実に会話をすることが大事だ。

結婚前でも、結婚後でも、この3つはカギになる。もし、コミュニケーションに自信がない方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学んで改善されるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/人間関係/話し方教室ニュース・スタッフ委員会