日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

伝え方の話し方教室|話が伝わらない?「誤解」が生ずる要因とは?

 
コミュニケーションの重要性を過小評価していませんか?
カナダのブリティッシュ・コロンビア州を本拠地とする大学新聞Nexusは5月16日、コミュニケーションにおいて誤解につながりやすい根源的な問題を取り上げた。

 
伝え方/イメージ画像:pixabay


私たちは日々のコミュニケーションの大事さを過小評価する傾向がある。

例えばメールを送ったらとんでもない反応が返ってきて、理解に苦しみ混乱してしまう。また状況によっては何を言えばいいのかわからず、言葉に詰まってしまう。日々の普通のやり取りも問題だらけだ。


言葉が多くても少なくても問題は起こる。それは話し手が、相手に理解されると思い込んでいることに起因する。

コミュニケーションの問題は受け手の解釈に任せてしまう時に起こる
コミュニケーションの問題は、聴き手の解釈に任せてしまうときに起こる。その解釈は間違っていることが多いからだ。

テクノロジーの発展でコミュニケーションの方法は飛躍的に増大した。しかし会話は文脈から切り離され声のトーンや顔の表情などもなく、対話の複雑さは失われた。そして私たちは返答を必要以上に簡潔に、迅速に行おうとする。

言いたいことを充分に言っていない、あるいは自分が何を言いたいかもよくわからないのに、私たちは相手が理解してくれると思い込んでいる。コミュニケーションはこうして脱線する。

もし誰かのメッセージに反応する前に少し時間を置けば、自分の気持ちや考えがはっきりしてくるだろう。自分が本当に伝えたい、数語で簡単には言い表せないことが、わかってくるはずだ。

■参照情報・文献等/Nexus


まとめ/話し方教室の視点と要点:コミュニケーションの問題「誤解」が起こるポイント

コミュニケーションの問題は、聴き手の解釈に任せてしまうときに起こる。その解釈は間違っていることが多い。

②言いたいことを充分に言っていない、あるいは自分が何を言いたいかもよくわからないのに、私たちは相手が理解してくれると思い込んでいるから脱線する。

誰かのメッセージに反応する前に少し時間を置けば、自分の気持ちや考えがはっきりしてくる。自分が本当に伝えたい、数語で簡単には言い表せないこともわかってくる。

どんなに気心が知れた仲でも、コミュニケーションに「誤解」はつきまとう。そして、その要因の多くは、発信する側にあるのだ。

つまり、「自分が何を伝えたいかを理解していない」、「聞き手は理解してくれるものと勘違いしている」ということになる。

コミュニケーションとは「伝わってナンボ」。誤解が生ずるようでは、無意味なのだ。誤解なく「伝わる」コミュニケーションスキルなら、話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのがよいだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。