日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|部下や上司、顧客とより効率的なコミュニケーションを実現するために

 
そのコミュニケーションの意味、目的を理解するべき
部下や上司、そして顧客と、より効率的なコミュニケーションがとれる人は、仕事において成功を収めることが多いとし、Geoffrey James氏がInc.の22日の記事で、その方法を紹介している。

まず、どんな意味があってそのコミュニケーションが行われているのか、しっかりと理解しておくべきだ。

常に「なぜ?」と自身に質問を投げかけることで、意味のあるものなのか、そうでないものなのか把握でき、その会話から何を生み出したいのかがわかるだろう。


 ビジネスコミュニケーション/イメージ画像
 
シンプルに伝え、よく聞くコミュニケーションを
最近の多くの仕事では、情報量が処理できないほどあふれており、混乱とストレスを招いている。受け取った情報を処理しやすく理解できるように、物事をよりシンプルに伝えると良い。

また、話すよりも聞くことに重点を置くべきだ。もし、一方的に早口で隙間なく話すだけでは、アウトプットだけで終わってしまい、自身へのインプットが全くない状態になってしまう。

コミュニケーションは決して自身が中心にはならず、常に相手を中心として、展開されていかなければならない。


■参照情報・文献等/Inc.


まとめ/話し方教室の視点と要点:効率的ビジネス・コミュニケーションのポイント

①ビジネスでは、どんな意味・目的があってそのコミュニケーションが行われているのか、しっかりと理解しておくべき。

受け取った複雑な情報を、相手が理解できるように、シンプルに伝えること。そして、話すよりも聞くことに重点を置くべき。

ビジネスのコミュニケーションでも、日々解釈の齟齬が起きている。話し手は「キチンと伝えたはず」といい、聞き手は「それは聞いていない」と言っている。

どちらに問題があるかと言えば、それは話し手にある。なぜなら、コミュニケーションとは「伝わってなんぼ」のものだからだ。

話し手は、常に分かりやすく「伝える努力」をしなければならないし、伝わったかを「確認する努力」も必要なのだ。

ビジネスコミュニケーションのスキルを身につけたい方は、東京の話し方教室の名門
本コミュニケーション学院で学ばれるのが望ましいだろう。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。