話し方教室「仕事に絶対に必要なチーム・コミュニケーションを改善する法」(話し方ニュース東京)

チーム・コミュニケーション改善にはオープン・コミュニケーションを

仕事において、チームにおけるコミュニケーションは必要不可欠だ。アシュリー・リップマン氏によれば、チーム・コミュニケーションの改善方法は至ってシンプルであるとして、その方法を「テックスぺクティブ」の7日の記事で紹介した。

まずチーム・コミュニケーションを改善するには、上司が部下に見本をみせると良い。

フォーブスが推奨するオープンドア方式を導入し、オフィスのドアを常に開けたままにしておき、オープンなコミュニケーション環境の構築をするべきだとしている。

チーム全員が同じ時間に休憩をとりコミュニケーションを確保

また、コミュニケーションの機会を作る最もシンプルで簡単な方法は、同じタイミングで休憩をとる「チーム・ブレイク」の導入だ。

個々が自由に休憩できることは、もちろん良いことだが、たまにはチーム全員同じ時間に休憩をすることで、コミュニケーションをとる時間が確保され、お互いの壁を取り払う機会にもつながっていく。

コミュニケーションをとる時間を作り、オープンなコミュニケーション環境をきずくことができれば、よりよい職場につながるとともに、チームとしての結束力も向上していくだろう。

話し方教室の視点「チームのコミュニケーションを改善するポイント」

1.チーム・コミュニケーションのためには、オープンドア方式を導入する。上司がオフィスのドアを常に開けたままにしておき、オープンなコミュニケーション環境の構築をする。

2.時にはチーム全員、同じ時間に休憩をすることで、コミュニケーションをとる時間が確保され、お互いの壁を取り払う機会にもつながっていく。

チームがビジネスで成果を上げるには、チームの風通しをよくするコミュニケーションが重要になる。そのコミュニケーションとは、上司と部下のタテのコミュニケーションと、部下同士のヨコのコミュニケーションとがある。

タテ、ヨコ、どちらにも大事になるのが、まずは、コミュニケーションを取りやすい「環境」を準備することだ。オープンドアも、チームブレイクも、環境構築の一環である。

さて、環境は準備された。そうすると、あとは実際のコミュニケーションを取るだけだが、ここがネックになるチームは少なくない。つまり、コミュニケーションスキルが拙いのだ。

そこでコミュニケーションスキル開発が必要になってくる。コミュニケーション・スキルの訓練なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院で訓練されるのが一番だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室ニュース・スタッフ委員会