話し方教室「コミュニケーションをより効率的なものにするための話し方、聞き方とは」(話し方ニュース東京)

大きくクリアな声で話すことが大事

コミュニケーション能力は、仕事やプライベートなど、どんなときであっても必要となる。コミュニケーションをより効率的なものにする方法を、バシリス・ダイオス・ギャラン氏がアイセックの4日の記事で紹介している。

英語でもなまりがあったり、外国人だと理解がしづらかったりする場合がある。このような場合に限らず、コミュニケーションをするときは、大きくクリアな声で話すことを心がけると良い。

誰もが認識できるような声や話し方をしなければ、まずコミュニケーションができないからだ。ペンを口に入れてかみ、自宅で大きな声で話す練習をするという方法もある。昔ながらの古い改善方法であるが、効果が得られるとしている。

積極的な自己主張と相手の話を聞くことのバランスを取る

効率的なコミュニケーションをするためには、まず相手のことを理解しようとする姿勢が大切だ。

積極的に自己主張をして、自身の考えを発信していくことも重要だが、考えを押し付けたり、論破したりすることは、一方的なものになり何も生まれない。

相手のことを尊重し、どんなことでもオープンに話し合いができる環境を作るべきだ。そうすることで、新しいアイデアや考え方などを交換することができ、双方にとっても貴重な時間となっていく。

話し方教室の視点「話し方、聞き方のコミュニケーションのポイント」

1.コミュニケーションをするときは、大きくクリアな声で話すことを心がける。誰もが認識できるような声や話し方をしなければ、まずコミュニケーションができない。

2.積極的に自己主張をして、自身の考えを発信していくことは重要。一方で、相手のことを尊重し、どんなことでもオープンに話し合いができる環境を作ることは、なお重要。

日本人は大方、発音が不明瞭である。その主な要因はパワー不足と言える。まずは、声を大きく、クリアーにすることはとても重要である。

その上で、日本人は積極的に自己主張すべきだ。なぜなら、多くの日本人はシャイで、主張を控えがちだからである。そして、話すことの2倍聞くとはよく言われることで、それも実行した方が良い。

声の問題も、自己主張の話し方も、聞き方も、すべては訓練をすることでより良くなっていく。コミュニケーションスキルの訓練なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京がある。どんな訓練にも結果を出せるスクールであり、利用されてはいかがだろうか。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会