話し方教室「管理職に必要なものは、理解と思いやりとコミュニケーション」(話し方ニュース東京)

マネジャーは、従業員に思いやりと理解を

ビジネス・ドットコムは6月6日、マネジャーは従業員に対し、思いやりと個人の立場を理解すること、コミュニケーションが必要であることをまとめた、経験者のアドバイスを掲載している。

マネジャーは、従業員の問題の背景・理由を明らかにすること

リーダーシップの開発やコンサルティングなどに携わっているゲイリン・シャージャン氏は、大規模製造会社でマネージャーとして80人の従業員を管理していた当時、正社員になったばかりの女性を解雇した。ポリシー違反をしたからだが、その背景には動機があったことを後から知ることになる。

従業員を苦しい立場に追いやってしまった苦い経験から、従業員管理には思いやりと理解が必要であることを忘れてはいけないとアドバイスしている。すべての行動には理由があり、結論を急ぐ前に物事を明らかにすることで人材を救う道があると述べている。

従業員とのつながり維持にはコミュニケーションが不可欠

そして従業員とのつながりを持ち、維持するためにはコミュニケーションが大切だ。ルールや目標など継続的にメッセージを伝えることも重要であり、最低でも7回は必要だという。

人の人生は複雑で、従業員は常にビジネスだけに集中できるわけではない。表面上で起こっていることとバックグラウンドで起こっていることを判断するためにも、一時停止ボタンを押して客観的にみる必要があると述べている。

話し方教室の視点「リーダーシップ発揮のためのコミュニケーションのポイント」

1.従業員管理には思いやりと理解が必要である。すべての行動には理由があり、リーダーは結論を急ぐ前に、物事を明らかにすることが大事である。

2.従業員とのつながりを持ち、維持するためにはコミュニケーションが大切だ。ルールや目標など継続的にメッセージを伝えることも重要であり、最低でも7回は必要だ。

3.人の人生は複雑で、従業員は常にビジネスだけに集中できるわけではない。表面上で起こっていることとバックグラウンドで起こっていることの両方をまずは理解することが肝心。

人付き合いはもちろん、人の管理も難しいものだ。よい人材は得難いが、失いやすいものでもある。

リーダーが良い人材を失わないためには、まずは処遇を良くすること。次に、働きがいに通じる「人間関係」を良好にすることが肝といえよう。

良好な人間関係とは、理解すること、思いやること、そして頻度多くコミュニケーションを取ることで培われる。人間関係、コミュニケーションが苦手なリーダーは、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院で訓練をされるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会