話し方教室「やる気を起こさせる、リーダーのコミュニケーションとは?」(話し方ニュース東京)

情報を共有し、ゴールを明確に示すこと

リーダーがチームを成功に導くには、やる気を起こさせるためのコミュニケーションなどが必要だとして、ヴィッキー・ウェブスター氏とマーチン・ウェブスター氏がリーダーシップ・ソーツの1月13日の記事で、その方法を紹介している。

情報の共有(アウトプット)をしっかりし、チームに明確なゴールを示すことで、仕事などに興味を持たせて、パフォーマンスを高められる。曖昧な表現を避け、納期などを明確にすることで、ゴールに対する認識の勘違いも減らせると言って良い。

対話で問題解決をする機会づくりを

リーダーが全てを決めてしまうのではなく、チームをサポートして問題解決に向けての対話を行える機会を作り、決断させる力を身に付けさせると良い。そうすることで、責任を持ってより多くの仕事に臨んでもらえるようになり、信頼関係もきずける。

また、リーダーはチームに時間と労力をかけるべきだ。個々に違いはなく、互いを尊重し、意味のある仕事を与えることで、それぞれが重要な役割を担っていると認識し、価値を見出すことにつながると言えるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会