話し方教室「コミュニケーション・スキル習得は学ぶこと、そして改善すること」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションの良し悪しがビジネスの質を決める

ジェームズ・ヴィターレ氏は、1月11日、研究者と仕入業者の納品やりとりを例に、コミュニケーション技術が、あらゆる面の質を向上させることを記事にした。

テンポの速い世界で、我々はせかされ急いでいる。すでに忙しい予定の中で、もう一つのものを押し込む方法を探している。

慌ただしさがコミュニケーションを悪化させ、コミュニケーションの落ち度から引き起こされた問題を解決するため、より価値ある努力に時間を注ぐことを妨げているのだ。

コミュニケーション能力開発の仕方とは

フォーブズ・カウンシルのリーダーシップ&パフォーマンス・コーチであるシェリル・キーツ氏が記した、職場における効果的な5つのコミュニケーション特性がある。

それは明確であること。簡潔であること。有無を言わせぬ要請を受け入れてもらうための対話をつくすこと。好奇心旺盛であること。共感的であることである。

効果的なコミュニケーションは、他のいかなるスキルと同様に、学んで改善していくものである。それには集中と実行を要する。上記特性の1つから取り組みを始め、習得したら次の特性にチャレンジしていくのだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会