話し方教室「仕入先と良好な関係を築くコミュニケーションとは?」

会社の需要に応える商品か、質問して確認する

顧客として仕入先としっかりとしたコミュニケーションをとることは、会社の成功にもつながっていく。

コミュニケーションを通じ、仕入先とどのようにして良好な関係をきずくのか、ジェス・ローレンス氏がタービンHQの11日の記事において、その方法を紹介している。

まず、仕入先の商品などが、あなた会社の需要に応えるものなのかを、しっかりと質問をして、確認するべきだ。そして、明確な回答を得る必要があるため、仕入先にプレッシャーをかけず、十分な時間を与えると良いだろう。

会社が求めていることを仕入先に説明する

仕入先があなたの会社により良い商品などを提供できるように、何を期待しているのかを示してあげると良い。相手が何を求めているのか、はっきりと分からないと、提供する側も困ってしまうためだ。

また、発注してから納品されるまで7日から10日程、日数を要すると認識しておくべきだ。2日で納品されると思わず、仕入先に無理を押し付けないことも、よりよい関係の構築につながっていく。

ボイスメッセージを頻繁に残すようなことがあれば、無理を言っている自分がいないか、自問自答すると良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/ビジネスコミュニケーション