話し方教室東京 コラム-リモートワーカーやフリーランサーに求められるビジネスコミュニケーション!

ビデオ通話できる環境をつくり、プロフェッショナルな話し方を

リモートワーカーやフリーランサーであれば、世界中の様々なクライアントと自由に仕事をすることができるが、優れたコミュニケーションスキルが求められる。では、どのようにしてそういったコミュニケーションスキルを身につけていくのか、ラブベルファーストが記事で紹介している。

まずは双方向のコミュニケーションができる環境を構築しなくてはならない。記録に残したい連絡の場合はEメールが適しているが、双方向でコミュニケーションを行うにはビデオ通話ができるツールを導入すると良い。相手と常につながれるように、最新のものにしておくべきだ。

リモートワーカーやフリーランサーはリラックスした環境で働いているため、上司や顧客と話す際の話し方を調整する必要がある。オフィスで働いていなくともプロフェッショナルなトーンで常に話せなくてはならない。

メールは24時間内に返信、コミュニケーション方法は顧客に合わせる

メールを見たと伝えるのは1分で十分なため、どんなに忙しくても24時間以内に返信しないと顧客などの信頼が得られなくなる。

また、顧客にとってコミュニケーションがとりやすい方法を選び、柔軟な対応をしていくことが求められる。その顧客にとってEメール・電話どちらが適しているのか把握し、スムーズなコミュニケーションを心がけると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会