話し方教室東京 コラム-効率的なコミュニケーションで、ビジネスを成功させる!

部下に会議参加を促し、オープンなコミュニケーションがとれる環境を

ビジネスを成功させる上で過小評価されがちなのが、コミュニケーションだといわれている。だが、ビジネスを成功させたいのであれば、生産性の向上や潜在能力を引きだすことにつながる効率的なコミュニケーションが必要になることに疑いはない。

ヘレン・サベル氏がザ カレッジ フォー アダルト ラーニングの記事で、効率的なコミュニケーションのあり方を維持する方法を紹介している。

従業員の数が多くても少なくても会議への参加を促し、オープンなコミュニケーションがとれる環境を構築すると良い。全ての授業員が取り組むことへの目標設定ができるほか、従業員同士がコミュニケーションをとる機会にもなるだろう。

上司は部下からのフィードバックに感謝し、真剣に受け止めること

また、上司であるあなたは従業員に対して、いつでもコミュニケーションがとれるという姿勢を示すことも求められる。

従業員はあなたが気づかなかったことに気づく可能性があるため、従業員からは常にフィードバックが得られるようにしておく必要がある。フィードバックに感謝して、真剣に受け止めることで、従業員は意見を尊重してもらえていると思うことができる。

また、会社で何が進んでいるのかなど、最新の情報を従業員とも共有することで、経営陣との壁をなくし、つながりをより深めることができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会