話し方教室東京 コラム-話し方・聞き方を改善し、優れたコミュニケーターになる!

毎日コミュニケーションしてても優れたコミュニケーターとは言えない

ビジネスからプライベートまで、効果的にコミュニケーションをとる方法を知ることは、関係の構築や成功のカギとなる。しかし毎日コミュニケーションをとるからといって、優れたコミュニケーターであるわけではない。

では、どのようにしたら優れたコミュニケーターになれるのか、その幾つかのポイントをメンタルフロスが記事で紹介している。

相手の話を傾聴し理解することで、効率的対応も可能に

コミュニケーションをするには、一方的に話すのではなく相手の話にもしっかりと耳を傾けなければならない。相手の伝えたいことが理解できれば、より効率的に対応できるからだ。

また、話が途切れることは自然なことで、一時的な「沈黙」は、思考の流れを妨げないようにする良いものであると認識しておくと良い。

ネットワーキングやパーティーなどで、どのようにコミュニケーションをしたら良いのか分からない場合は、周囲の人を観察してヒントを得ることも大切だ。

同意できるものを見つけ、自信が伝わる話し方を工夫する

コミュニケーションをとるときは、自信があるかのように伝えることが大切になる。例えば「評価する」、「管理する」、「アドバイスする」などの説明的な動詞と、行動を促進する強力なアクション動詞を使用すると効果的だ。

また、相手との共通の関心や意見を見つけることで、会話がより楽しくなり、スムーズに進められるようになる。同意できないことがあっても、何か同意できるものを見つけることで、相手を理解しようとする気持ちを伝えることが可能だ。

重要な会話やストレスの多い会話では自己認識をすることが求められ、リラックスして通常と変わらないように話せるようにすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会