話し方教室東京 コラム-仕入れ先との良好な関係構築にはコミュニケーションがカギ!

仕入れ先との良好な関係構築のための効果的アプローチ

仕入れ先との良好な関係構築と管理のことを「サプライヤー リレーションシップ マネジメント」という。Webメディア・サプライチェーンでは、マネジメントにはコミュニケーションやソフトスキルが重要だとする企業家の意見を掲載している。

サプライヤー リレーションシップ マネジメントには、契約やコスト、バランスシート、KPIなどが優先されがちだが、効果的なアプローチとして「コミュニケーション」「公平性」「透明性」「尊重」の4つの原則を実行するほうが重要である。

なぜなら、バリューチェーンには様々なサプライヤーが関わっており、品質の高い製品やサービスを持つサプライヤーを確保・維持するのは容易ではないため、強力な関係を構築する必要があるからである。

仕入れ先とのオープンで透明性あるコミュニケーションのために

そこで求められるのは、オープンで透明性のあるコミュニケーションだ。市場が良好なときもそうでないときも、協力するという意欲を相手に示し、定期的にキャッチアップを行いながら今後発生する可能性のある問題まですべて共有する。

これを実行しているよい例がトヨタ自動車だ。トヨタはサプライヤーと十数年以上にわたって絆を深め、彼らの利益を優先することで長期的な文化を確立している。

結果的にそれが業務の効率性やコスト削減、革新的な製品の開発につながっているという。そのためには、実務的なスキルではなくソフトスキルの習得が大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会