話し方教室東京 コラム-大人になってからの友情や信頼関係の築き方!

大人になってからの友情は難しいが重要でもある

オーストラリアで行われた調査によると、約3分の1が孤独を感じるエピソードを少なくとも1つは持っており、パンデミック以降は54%と半数以上が孤独を感じていると回答している。

「カンバセーション」では、友情や信頼関係の重要性と、大人になってから構築する関係の方法について説明している。

友だちを作ることは、性格にもよるが子ども時代はそれほど難しくなかったのに対し、大人になると障壁が多くなることがある。ある研究によると、大人になってからの友情を阻害する最も大きな原因は「信頼関係の欠如」であったと報告している。

これは新しい友情を拒否される、信頼を失うなどの経験によるものも少なくない。一方で、信頼関係は社会生活を豊かにする重要な要素であり、友情や仕事などで信頼関係を築くことは重要である。

大人になってからの信頼関係構築は、急がず、感情をコントロールする

大人になってからの信頼関係を構築するには、時間が必要であることを認識する。米国で発表された研究では、知人から友人に移行するには約50時間、さらに親しくなるには200時間以上が必要だという結果も発表されている。

適切に時間を過ごす機会を得られれば、それを活用することが大切だ。もし一緒に過ごす時間を作れないときは、メッセージなどのやりとりでも効果がある。一度に様々な情報を共有するのではなく、急がずに感情をコントロールしていくことだ。

■ 記事関連・話し方講座/人間関係・対人関係改善コーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会