話し方教室東京 コラム-職場のコミュニケーションを改善するコツ!

コミュニケーションの妨げになるものを排除する、自分の考えを示す

コミュニケーションが不十分な職場では、生産性の低下などにつながり、ビジネスにとって大きな障害になることもある。そこで、リリィー・パーチン氏が「ニッチマーケット」の記事で、職場におけるコミュニケーションを改善する方法を述べているのでご紹介しよう。

コミュニケーションを取っているときにスマートフォンを持っていると、相手の話に集中できない。そのため、コミュニケーションの妨げになるものを周りから排除して会話に臨み、「アイコンタクト」や「うなずき」などを忘れずに行うべきだ。

また、情報や物事を伝えるときには、自身の見解や考えを示すと良い。相手にどのようなアクションを起こしてほしいのかを具体的にすることで、モチベーションの向上にもつながるだろう。

チームビルディングの機会を設けて、チームメンバーの関係を深める

ビジネスにおけるチームの協調性は、生産性の向上に大きく関わってくるため、チームビルディングの機会を設けることも大切だ。相互の関係を深めるほか、コミュニケーションを取る時間を作ることもできる。

コミュニケーション能力が高いからといって、いつでもコミュニケーションを成功させられる保証にはならない。忍耐力・自信・説得力を働かせて、より効果的なコミュニケーションを取れるようになることが望ましい。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓