話し方教室東京 コラム-職場のコミュニケーションを改善し、ビジネスの生産性を高めよ!

職場のコミュニケーションは透明性があり、誤解を生まないこと

効率的なコミュニケーションはビジネスの成功には欠かせず、それができないと生産性の低下につながる。いかにして効率的なコミュニケーションを取るのか、その方法をパーベル・アラミャン氏が「イージープロジェクツ」の記事で紹介している。

従業員とのコミュニケーションで、誤解を与えてしまうと生産性の低下はもちろん、全ての従業員が同じ目標に向かって作業を進められなくなる。全員が同じチャネルから情報を得られるように、一貫したコミュニケーション戦略を構築することが大切だ。

HECのケーススタディによると、従業員とコミュニケーションを多く取り、透明性があり、従業員に権限を与えることで生産性がより高まることが証明されている。

上司は従業員の考えを尊重し、何をして欲しいかを明確に説明すること

上司と従業員が良好な関係を築けている企業では、コミュニケーションがスムーズに行われて生産性が高まる傾向にある。上司が従業員の考えを尊重することで、従業員がより自由に発言でき、質問も躊躇なくすることができるだろう。

また、上司が企業の方向性をしっかりと示し、従業員に何をしてほしいのか説明することで、やるべきことが明確になり生産性の向上につなげられる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓