話し方教室「職場のコミュニケーションを改善する」

相手の「良いところ」を見つけてコミュニケーションする

会社が成功を収めるかどうか、その行く末を左右するのがコミュニケーションと言えるほど重要なことだとして、アンジェラ・コッパー氏が、その改善方法をライフハックの5月16日の記事で紹介した。

氏は、同僚一人一人が「良いところ」、「悪いところ」を持っており、後者に目がいってしまいがちだが、前者に目を向け、互いを尊重する関係を築きたい。そうすることで、積極的に話をすることにもつながり、ポジティブな社内環境の構築につながっていくといっている。

まず積極的傾聴、そして言葉を選んだ伝え方を

また、アクティブリスニングを実践して、自身とは異なる意見や考え方を聞くことも重要だ。言葉だけでなくボディーランゲージにも注意を払えば、話の本質をつかむことができるだろう。

そして、口を開くときは、誤解を生まない言葉選びも大切になってくる。「専門用語を使いすぎていないか」、「言葉がストレートすぎて、攻撃的になっていないか」など、相手の立場も考えた話し方・伝え方をすると良いだろう。

さらに、ユーモアを交えて会話をすると、互いの壁がなくなり距離を縮めることが可能で、話の内容にもより興味を持ってもらえるようになる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/職場コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会