話し方教室東京 コラム-ビジネスコミュニケーションをテレビドラマに学ぶ!

ドラマのストーリーや人間関係がビジネスコミュニケーションの参考になる

韓国のテレビドラマシリーズに「イカゲーム」というものがある。456億ウォンという賞金をかけて命がけのサバイバルゲームに参加する人々の物語だ。

アントレプレナー ヨーロッパでは、このドラマのストーリー性や人間同士の対立、概念など伝える手法が、ビジネスコミュニケーションを学ぶ上で参考になるという起業家の意見を掲載している。押さえておきたいポイントは3つ。

動機、ルール、目標は、ビジネスコミュニケーションにおいても重要

1つ目は、動機を知るということ。ドラマは「お金」というシンプルな動機によって展開されるが、参加者1人1人の動機はそれぞれ異なり深く重い。それが視聴者とのつながりを作る。

ビジネスにおけるコミュニケーションでも、表面的なものではなくより深い部分を探ることでチーム、クライアント、周囲とのつながりを作ることができる。

2つ目は、明確でシンプルなルールを確立すること。ドラマでもゲームのルールは簡単だが、突破するための様々な考えや行動が描かれる。ビジネスでもルールがあることで、前進するための建設的な対話、創造的なアイデア、効率的な行動につながる。

そして3つ目は、唯一の課題解決に執着することだ。私たちは日々の生活にある問題を特定し物語を完成させる傾向にあるが、ビジネスにおいても目標または問題を特定することで達成・解決のための追求を行うことができる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会