話し方教室「技術先進社会においてもコミュニケーションスキル改善を!」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションをとるには「相手を知る」ことが大切

マーケティングを展開するにあたってROI(投資利益率)を上げるために、ソーシャルメディアやEメール、ウェブサイトなどでのコミュニケーションが必要となってくる。

こういった技術先進社会においては、顧客との物理的接触が少ない。とはいえ、オンラインではもちろん、顧客と対面してマーケティングを行う場面も必ずあるとして、コミュニケーション・スキルの改善方法を、ホイットニー氏がインフォグラフィック・ワールドの4月12日の記事で紹介している。

まず、コミュニケーションをするときには、相手を知ることが大切になってくる。「どんな人なのか?」や「何を求めているのか?」などを知ることで、伝えるメッセージが明確になるからだ。

そのメッセージによって、相手が積極的に返答してきたら、そのコミュニケーションは成功したと言って良いだろう。

アイコンタクトや表情、姿勢の「非言語」にも注意する

また、仕事のプロとしての知識と見識をもった上で、話す際にはアイコンタクトをしっかり行い、表情や姿勢にも気を払うべきだ。あなたの喜怒哀楽が、顔や姿勢から言葉で話すよりも、相手に伝わるということを認識しておくと良い。

また、相手に触れることも親近感を示す意味では効果がある。しかし、状況や会話の文脈によってはいかがわしい意味合いにとられる場合もあるので注意したい。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会