話し方教室 コラム-ビジネスや人生で不可欠の話し方・聞き方のスキルを磨く!

話していることとボディーランゲージを一致させる

私たちは毎日、同僚や部下、上司、顧客、友人、パートナーなどとコミュニケーションをとる。ビジネスやプライベートで必要不可欠なのが、コミュニケーションであり、このスキルが低いと相互間の緊張が高まり、誤解なども生みやすくなる。

ではどのようにして、効率的かつ効果的なコミュニケーションをとっていくのか。その方法をシンディ・リー氏がデール・カーネギーの記事で紹介している。

まずは、ボディーランゲージが話している内容と一致しているか確認すると良い。たとえ、すばらしい週末だったことについて話していても、アイコンタクトができておらず、腕を組んでいたら、聞き手はどちらを信じたら良いのか分からなくなるからだ。

積極的傾聴を心がけ、コミュニケーションの在り方を工夫する

また、コミュニケーションにおいては「話すこと」が重要視されるが、より効率的に行いたいのであれば、「聞くこと」に注力しなければならない。積極的に耳を傾ければ、相手に興味を示し、話を理解し、それに関してしっかりとした質問もできるからだ。

そしてコミュニケーションの在り方は、その文脈や状況に応じて常に変化してくる。そのため、ときには簡潔にまとめたり、物語を話すようにしたりと、工夫することが大切だ。

相手が理解していると決めつけることなく、重要なポイントは、何度も繰り返し伝えておくと良い。確実に伝えなければならない場合は、メールやSMSでフォローアップをすることも必要になってくるだろう。

■記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供