会話・雑談力の話し方教室(東京)-話し方・聞き方のスキルを改善し、良い関係づくりを!

相手の話を遮らずに最後まで聞くことで、敬意を示す

コミュニケーションは家族や友人、そして仕事においても必要なものである。高いコミュニケーションスキルを持つことで、強い関係性をきづくことが可能だとして、ゾーイ・ビー氏がその改善方法をライフハックの記事で紹介している。

まず、コミュニケーションを行う上で、相手の話を遮らないことは非常に重要である。相手に敬意を払っていないことが伝わるほか、「あなたの言っていることはどうでも良いです。」と言っているのと同じくらい失礼にあたるからだ。

また、相手の言おうとしている「こと」や「言葉」を、良かれと思い助けようとして「〜ということですね」と、勝手に話を決めつけて終わらせるのは、会話をコントロールすることになるので、口を閉じて、しっかりと耳を傾けるべきだとしている。

相手の話を分かりやすく言い換えて伝え、理解したことを示す

相手の話を理解したと示すために、分かりやすく言い換える「パラフレーズ」を使用することも大切。とにかく、コメントをする前にリピートして確認すると良いだろう。

また、しっかりとしたアイコンタクトによって、相手に興味があると伝えられる。これにより気が紛れることがなくなり、集中力も維持できると言える。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会