話し方教室東京 コラム-ビジネスで必要なソフトスキル、コミュニケーションスキルを身につけよ!

ビジネスに求められるコミュニケーションスキルを核としたソフトスキル

近年、ビジネススキルとして「ソフトスキル」が重視されている。ヒューマン リソーシス ディレクターは、職場で必要とされるソフトスキルについて説明している。

職場ではソフトスキル・ハードスキルのバランスを取りながら行う必要があるが、専門性の高いハードスキルは技術が明確である一方、ソフトスキルは幅が広く曖昧な部分があるため分かりにくい。そこで、必要とされるスキルを見直しておく必要がある。

ポイントとなるのは、「コミュニケーション」、「クリティカルシンキング」、「リーダーシップ」、「チームワーク」、「前向きな姿勢」、そして「労働倫理」の6つだ。

コミュニケーションスキルでは、話し方、聞き方、書き方を磨く

仕事でもプライベートでも、毎日何かの形でコミュニケーションは行われているが、コミュニケーションスキルが不足していると誤解が生まれやすく、業務に影響する可能性がある。話し方、リスニング、ライティングのスキルを磨いておきたい。

また、落ち着いて問題や状況を把握し、分析する力を示す「クリティカルシンキング」、状況を理解し決断できる「リーダーシップ」、生産性の向上につながる「チームワーク」、周りの幸福に影響を与える「前向きな姿勢」も大切だ。

労働倫理とは、収入や昇進、人間関係に左右されず献身的で意欲を持ち、信頼性が高い人を示す。このような人材はマルチタスクであることが多いという。

これらのソフトスキルの成長に力をいれることで、よい職場環境を作ることができるとしている。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会