話し方教室東京 コラム-様々な聞き手と効果的コミュニケーションを取るコツ!

聞き手の年齢や文化的な背景などを把握してから話す

私たちは、いつも同じ相手とコミュニケーションを続けるわけではなく、常に聞き手は変わっていく。さまざまな聞き手と、効率的なコミュニケーションをするための戦略的な方法にはどんなものがあるのか、「クリシェ マグ」が記事で紹介している。

コミュニケーションを取る際には、聞き手の年齢や性別、文化的な背景、社会的地位などを把握しておくことで、共有する情報を決めるのに役立つ。また、言葉の選択や声のトーンなどにも変化が付けられるだろう。

明瞭簡潔にメッセージを伝える、ボディーランゲージを言葉と一致させる

明確かつ簡潔にコミュニケーションを取り、聞き手にメッセージが伝わりやすくする工夫が必要だ。長々とした説明を排除して、重要なポイントのみをピックアップするほか、理解がしやすいように専門用語などを避けることも忘れてはならない。

また、複雑な情報やデータなどを効果的に伝えるために、言葉だけでなく視覚的にもアプローチする。PowerPointなどをうまく活用すると良い。しかし一方で、スライドが多すぎると、聞き手が情報量に圧倒されてしまうため注意が必要だ。

さらに話すだけでなく、その内容を強化するボディーランゲージも合わせて使うと良い。顔や身振り・手振りを言葉と一致させることで、効果的に物事を伝えることが可能になる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会