話し方教室東京 コラム-ビジネスでの異文化コミュニケーションの注意点!

グローバルコミュニケーションの課題

様々な国や地域の人材が集まる職場の会議は、様々なアイデアを出し合いイノベーションに役立つが、同時に言葉や文化の違いによるコミュニケーションに課題が生じることがある。

ザ ローカル エイティーでは、グローバル人材同士のコミュニケーションについてオンライン学習プロバイダーのゲットスマーターと、ケンブリッジ大学サステナビリティリーダーシップ研究所の講師によるアドバイスを掲載している。

会議前に会話・雑談を、用語や言葉遣いに留意する

まず記事では、会議前のスモールトークを行うことが重要だと述べている。

ちょっとした会話で相手の様子を観察する、または信頼関係を構築するきっかけになる。お互いが近づくことで、実際の会議で起こり得る誤解などのリスクを軽減できる可能性があるからだ。

話をするときは、専門用語の多用または砕けた言葉遣いを避ける。話し言葉は言語によってニュアンスも異なるため、誤解や混乱を招くことがある。相手が理解しているか観察しながら話すよりも、直接尋ねた方がリスクは少ない。

会議時間を厳守、謙虚な姿勢でコミュニケーションを

また、会議の開始時間や終了時間などを厳守する態度も大切だ。文化や人によって捉え方は様々だが、個人の時間を尊重し合うことは敬意や礼儀につながり、信頼関係の構築にも役立つ。

ほかにも、議論や間違いなども謙虚に受け止め、自分を見失わないこと。異文化でのコミュニケーションスキルを向上させることに意識を向けることが大切だとしている。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会