話し方コラム|仕事で成功したいなら、コミュニケーションスキルを磨こう!

相手の話を聞く、そして理解することから、優れたコミュニケーターを目指す

職場ではメールや電話、ショートメッセージ、対面など様々なコミュニケーションをする機会がある。いずれにおいても、優れたコミュニケーターになり、職場でのあなたの効率性を高めることが仕事で成功を収めるためには重要だ。そのヒントを「コンティンジェントゥ・リソース・ソリューションズ」が8月16日の記事で紹介している。

まず同僚と話しているときに論破したり、話を遮るのではなく、互いを尊重してコミュニケーションをとっていくことが大切だ。そのためは、「聞く」ことを優先させて、理解に努める必要がある。相手の話が終わるまで、口を開くのを待つことで、その後の会話がより建設的なものになっていくだろう。

自分と相手の「ジェスチャー」に注意を払う

ボディーランゲージは、言葉よりも多くを表現をしている場合があり、あなたの知らないうちにネガティブな印象を相手に与えているかもしれない。ボディーランゲージの役割を理解し、「腕を組む」、「腰に手を置く」、「アイコンタクトを避ける」といった行動や姿勢は避けるべきだ。

また、職場では色んな変化が常にある。いつでもオープンな考えを持ってコミュニケーション・仕事にあたることが大事だ。

話し方教室の視点「仕事で成功を収める人は、優れたコミュニケーターである!」

仕事で成功を収めたいのなら、他人の協力が不可欠になる。つまり他人の協力なくして、仕事の成功はないのだ。だから、成功したい人は、仕事の専門性を高めるだけではなく、優れたコミュニケーターを目指す必要もあるのだ。

あなたの会社で周りの人達を見て欲しい。仕事がうまく行っている人は、間違いなく他人とのコミュニケーションが上手く取れている人だろう。そしてその人は「人の話をよく聞いている」のではないだろうか。なぜなら、他人とのコミュニケーションがうまくいく秘訣は、昔から「他人の話をよく聞く」ことにあるからだ。

聞いて、聞いて、(自分の理解が間違っていないか)理解を確認して、そして自分のことを話す。また、聞いて、聞いて、理解を確認して、自分のことを話す。これが優れたコミュニケーターへの近道であることに疑いの余地などあるまい。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュースコラム・スタッフ委員会