話し方教室ニュース「教師と生徒の関係を改善するには?」

オープンに生徒の話を聞く、話しかけやすい姿勢をキープする

教師と生徒のコミュニケーションを改善することは、教室内外の環境にも大きく寄与していく。効率的なコミュニケーションをして、強固な関係性を構築するためにはどうしたら良いのか、ダニエル・ワッツ氏がインパクト・ティーチャーズの6月17日の記事で紹介した。

まずは、オープンな気持ちで生徒の話を聞くことが大切になってくる。生徒がどんな質問をする場合でも、教師は話しかけやすい姿勢をキープしておくべきだ。そうすることで、より良い信頼関係を築くことができるだろう。

教師は生徒のサポートをしっかり行い、気軽に交流できる機会づくりを

学校というものは、友達との人間関係や学業などストレスの多い場所になっている。そのため教師が生徒のサポートをしっかりとしたい。悩みなどがあれば聞き、その生徒の立場になって考えてあげることで、より快適な学校生活が送れるようになる。

また、生徒と教師が冗談を言ったり、一緒に歌ったりと、気軽に交流できる機会を設けると良い。そうすることで互いをより知ることにつながり、生徒が教師に対して、オープンに話ができるようになっていく。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スクールコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会