話し方コラム|従業員との効率的なコミュニケーションが会社を成功に導く!

社内コミュニケーションの効率アップを

会議のあと多くの従業員が何をしたら良いのか分からないことがあるが、これはコミュニケーションが十分に行われていない証拠だ。

従業員との効率的なコミュニケーションの実現を最優先にすることで、会社の成功につながるとしてプライムペイが8月30日の記事で紹介している(2018/08/30)。

分かりやすい伝え方で、相手に応じてアプローチを変える

まずは、理解が難しくなるような専門用語などを避けて、シンプルに伝えることが大切。

また、従業員はそれぞれ違う人間だとしっかり認識し、同じ接し方はしないように心がけたい。メールや電話、面と向かった対話など、様々なアプローチをしたり、チャンネルを設けたりすると良いだろう。

マネジャーは言動を一致させ、スタッフと定期的コミュニケーションを

常にあなたの言動を一致させ、矛盾をなくすことに努めるべきだ。そうすることで、従業員から信頼などが得られ、従業員のコミュニケーションの臨み方に、更に真剣さが加わると言える。

また、会社の目標やそれに対する状況などを共有するなど、戦略的かつ目的を持って、定期的なコミュニケーションの機会を設けることで、従業員の仕事への姿勢がより改善されていくだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会