話し方教室東京 コラム-従業員のモチベーションを維持するリーダーの効果的コミュニケーション!

リーダーは柔軟に従業員のストレスを管理し、こまめにフォローアップを

チーフ・ラーニング・オフィサーでは、リーダーが従業員と効果的にかかわるためにコミュニケーションスキルについて掲載している。困難な時期の従業員のストレスを管理することが大切だという。

パンデミックが最初に発生したとき、オフィスに戻る時期を設定していた企業があったが、結果的には何度も延期され、従業員の不安やストレスの原因となった。

リーダーやマネージャーは、何度も変わる政府発表やガイダンスなどを念頭において、従業員に柔軟にフォローアップする必要がある。

リーダーは従業員を動機付けるコミュニケーションを工夫せよ

従業員一人一人の能力に対する認識、感謝を表し、従業員が責任ある仕事をしている、必要であると感じさせるアプローチを行うことは、従業員のモチベーション維持につながる。

バーチャル飲み会、ヨガセッションなどの社外グループ活動などを検討することも有効だ。

仕事でも「ウォークアンドトーク」会議を検討して、歩きながらおしゃべりをする時間を設ける、仮想ホワイトボードなどのツールを使って画面の工夫を行うなどの方法がある。

限られた時間に自由に話

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会