話し方教室東京 コラム-リーダーが強力なコミュニケーションスキルを身につけるには?

リーダーのコミュニケーションは、従業員をよく知ることから始まる

会社のリーダーとしてあなたの言うことは、従業員に大きな影響を与える。効果的なコミュニケーションがとれれば、模範になることができるほか、組織をより効率的に先導することが可能だ。ではどのようにして、強力なコミュニケーション・スキルを身につけるのか、そのいくつかのポイントをティム・ニューボールド氏がスキルファイヤーの記事で紹介している。

当たり前のように感じるかもしれないが、従業員のことを知っておくことで、より効果的なコミュニケーションがとれる。何に興味を持っていて、何を心配しているのかなど、知っておくだけでも話に集中してもらうことが可能だ。

また、従業員がその情報を知っていると決めつけて話すのではなく、簡単な背景だけでも説明しておくことで、より明確にコミュニケーションをとることができるだろう。

リーダーの情報発信は、誇張や抽象ではなく具体的であること

どんなリーダーでも、会社の発表によって従業員が混乱したまま、仕事に戻ってもらいたくないと思っているはずだ。誇張したり、抽象的な情報を発信するのではなく、アクションを起こせるように具体的な情報を提供するなど、明確な方向性を示す必要がある。

失敗や欠点があるということを認めたくないかもしれないが、従業員には謙虚さを示すことで従業員から信頼が得られ、深いつながりを生みだすことができる。

■ 記事関連・話し方講座/社長の高度話力開発・専門特化コース

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会